シミ取りクリームや保湿化粧水を知ろう|肌トラブル改善の鍵

レディ

綺麗にカバーする

女性

普段のスキンケアや化粧でシミ隠しを重視する女性は多いです。加齢や紫外線によってできたメラニンによってシミはできてしまいます。シミの種類によっても隠し方は変わり、しっかりと隠すために効率良く行うことが大切です。
ファンデーションを使って隠せるシミもあり、薄く広範囲にできたシミにはリキッドファンデーションを使うことで十分に隠せるでしょう。普通のファンデーションよりも肌に密着しやすく、乾燥肌の人にも使えます。リキッドタイプなので少ない量でもしっかりとカバーすることができます。一つ注意したいのが、たくさん塗って厚塗りになってしまわないように注意することです。顔全体にできた薄いシミを隠そうと厚塗りをしてしまうと肌に負担をかけてしまい悪化させてしまいます。ファンデーションだとより厚塗り感が出てしまうので、リキッドタイプで薄く伸ばすことで綺麗にカバーすることができます。
メラニンが蓄積し、茶色や黒くなってしまった濃いシミにはコンシーラーを使うことで綺麗にシミ隠しをすることができます。ファンデーションや下地の後にピンポイントに重ねて塗ることができるので、強いカバー力があります。シミ隠しのために何度も下地やファンデーションを塗り重ねるよりもコンシーラーを使うことで厚塗りにならずに隠せるのです。シミの種類や隠したい範囲などによって化粧品を選ぶことで効果的なシミ隠しになります。シミ隠しには肌の色よりも肌よりも少し暗い色でカバーすることでナチュラルに仕上がります。自分に合ったシミ隠しをしましょう。